読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐ノ院整体院

浮気どころか不倫だぞと罵られ隊

いかんともしがたいこの熱を

【2014.9.23 アメブロ掲載分転載】

 

 

アメブロでは、始めまして。桐ノ院梓(とうのいんあずさ)と申します。

2002年に「桐ノ院整体院」というHPを作り、当時主流だったレンタル日記で日々の事を記録していましたが、2006年に「分室」という形で日記部分をブログに移行し、細々と記事を更新しておりました。当時は漫画のこと、恋人(現夫)のこと、夫と出会ったことで見に行くようになった浦和レッズのことなどを内輪向けに書くだけの、1日30~50アクセスのプライベートブログでした。

2009年、ふとしたきっかけでお笑い芸人の「ロザン」にはまり、人生初の「追っかけ」をするように。出演番組や見に行ったライブのレポートと感想を、情熱のままに綴っていたらいつのまにかたくさんのファンの方に読んで頂けるようになり、なにかのファンになること、そして同じものを好きだと言い合える仲間と出会うことの素晴しさを知りました。
そののち時代の流れで、ブログを書くよりTwitterで呟くほうが増え、多くのロザンファンの方もTwitterにいらしたので、徐々にブログは放置の方向へ…。
自分自身、その間に転職や結婚など大きく生活環境が変わり以前のようには「追っかけ」をしなくなったこと、情熱が落ち着いた形に変わったこともあり、Twitterの呟きすら減っていっている状況でした。

が、ある日、久々に自分のブログにアクセスしてみようと思ったら、全てのページが削除されていたのです。
某ブログは1年以上更新が無いと自動的に削除されてしまう仕様だったそうで、7年分ほどのログが全て無になってしまったのでした。私がロザンを追いかけ始めた当初はまだファンブログも少なく、今思えば貴重だったライブのレポートが消えてしまったことは、自業自得ながら惜しいことをしたなと後悔しています。


さて。ここから本題。なんとここまでは前置きですよすみませんね私は昔から文章がひたすらダラダラ長いんですよ。

2014年9月。これを書いているほんの2週間ほど前。
自分の意思ではどうにもならない台風にのみこまれるような勢いで、ひとりの俳優さんが私の頭の中を支配するようになりました。
綾野剛さん。

それはロザンを始めて知ったときと同じ感覚で、抗うことが馬鹿馬鹿しくなってくるような、半笑いで「まいった、まいった」と繰り返すしかないような、圧倒的な風圧でした。
恋はおちるもの、とはよくいったもんです。一瞬にして風に飛ばされて、沼に落ちて、気づいたらもう水面は自分の頭の上にある。もう、おちる前には戻れない。

それからはもう寝ても冷めても綾野さんのことを考え、動画を見て、画像を見て、見れば見るほどまた沼の深みに落ちていって、まだ底が見えない状態です。
経験上、このはまりたての時期が一番幸せであること(ただし体調は悪くなる、睡眠不足で)を知っているので、この今の気持ちをどうしても文章にして残しておきたい!という思いがだんだん強くなりました。
でもブログはもう消滅している。というわけで、友人のブログを読むためにアカウントだけもっていたアメブロを活用することにした次第です。当時のブログを大事に思っているので、タイトルはそのままで(改)と付けました。

ロザンを追いかけていた時と違って、家庭もあるしお金はないし、他の趣味もまだまだ現役のため、以前のようにはたくさん書けないと思われます。
綾野さんを好きだと自覚してから自分の中で決めたマイルールが2つあって、

・どんなに特典画像が欲しくても、DVD-BOXには手を出さない
・どんなに写真写りが良くても、雑誌など神媒体には手を出さない

ということだけは意識していこうと考えています。じゃないと破産してまう。
ただし3年本とか写真集とか、綾野さん単体のものは買ってもいいよね…なんて早速自分への甘さを発動していますが。

そんな感じで、基本的にはレンタルしてきた映画やドラマを見たら、地味に感想を残していくだけのブログとなる予定です。時々はレッズやロザンや駅伝(もともと最初に綾野さんを知ったのは駅伝関連でした)のことを書くかもしれません。まあ、ゆるりと愛を語っていくことにします。


次回はハマッたきっかけを書かねば。
作品の感想までたどり着くまでまだまだかかるな、こりゃ。
(あ、自己紹介なのでですます調で書きましたが、次回から口語体にするつもりです)