読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐ノ院整体院

浮気どころか不倫だぞと罵られ隊

愛するということは互いに見つめ合うことでなく ~QUARTETTO感想~

2016年のNEWSコンサートツアー、QUARTETTOが終了した。

昨年のWhiteツアーの時は私にとって初めてのジャニーズコンサートであり、いかんせん素人すぎたため、ただ目の前のキラキラを受け止めるのに精一杯で、演出やセトリの良し悪しなど全くわからず、後から皆様のレポを見て「あの構成にはそんな意味が!」とようやく気付ける有り様だった。(なんたってロメオ終わりで扉を開けたのがシゲちゃんってことすら人様のレポで知った)

この1年でTwitter等でやりとりしてくださる方も増え、けっこうな頻度でフォロワーさんと集まってあらゆるグループのDVD観賞会をするようになり、ABC-Z、関ジャニKAT-TUNの現場にも入った。色々なコンサートを見るうちに昨年よりはちょっとだけ会場全体を見る余裕ができたので(とはいえ洞察力の無いタイプのオタクなので、皆様と比べたら2割くらいしか見えていないが)、自分なりの感想を書き記しておこうと思う。

 

すっげーーー長いです!15000字ある!! でもね!!最後にどんだけNEWSが好きか、書きたいこと書いたからそれだけでも読んで欲しい!

しょーがーねーなそこだけでも読んでやんよ! という優しい方は、親指の指紋が無くなるいきおいでスクロールして【総括】という文字が見えたらそこから読んでくださいごめんねごめんねー!(U字工事

 

今回私が入った現場は3/26札幌初日。そして6/11、6/12の東京ドーム。幸せなことに初日とオーラス、アリーナとドームという対照的な公演をどちらも経験することができた。

札幌はなんとアリーナBブロック。センターステージのすぐ横という神席で、コンタクトレンズを入れたところでたいした視力ではない私の肉眼でも、センステの様子はBlu-rayの画質で見えた。しかも今回わりとセンステで踊る曲が多かったため「近い……」という衝撃だけが鮮明に残っており、照明がどうだったとか、モニターの映像がどうだったかとかを全く覚えていない。

ドーム初日はメインステージ真横の超ド級見きれ席。メインモニターはおろか、バックモニターも柱がかぶってて、モニターいっさい見えませんw 

で、オーラスは1階スタンド中断。ファンサを貰えるような距離ではないけれど、モニターも全体も程よく見渡せる席で、3回目にして初めて「あっ照明こうなってたんだ!」「モニターにこんな映像が!」と知ることができた。よってここでは主にオーラスについて書いていくことにする。

 

1.Theme of "QUARTETTO"~QUARTETTO 

セットはシンプルめ。劇場のようなメインステージには赤い緞帳が降りていて、花道から丸いセンターステージ、バックステージへと続く。センターステージからは左右にも細い花道が伸びていて、センステを挟んで花道が十字になっている作り。

NEWSコールをしていたら暗転しない状態(ほんのり薄暗くはなった?)で緞帳の前にJr.が出て来て踊る。この踊り、中央からふたりずつシンメで広がっていくのがかっこよかった。そしてOP映像。これはアルバムの特典と全く一緒だったので少し物足りないかなー、と思っていたけど、メンバーが画面に映る度(何度も見ているであろう映像なのに)会場はギャアアアア!となっていたので別にいいのかも。

暗転。登場はどこから……と思ってたらスポットが当たって十字の花道の端に分かれて4人が立ってた!!! かっこ!!!いい!!!!です!!!!!

またこのOPの衣装が!!  布多い!!!! ジャニーズの衣装は布が多ければ多いほどジャスティス! と常日頃からTwitterでわめいているのだけど、 これ以上増やせません……ってくらい全身布だった!!

なんつっても色が。慶ちゃんは黒。まっすーは青。シゲちゃんは白。てごちゃんは赤。ってことで「四神だ……」と感動。

慶ちゃん=黒=玄武

まっすー=青=青龍

シゲちゃん=白=白虎

てごちゃん=赤=朱雀

というところまではその場で浮かんできたのだけど、ポンコツな脳はどのメンバーがどの方角から出てきたかを覚えておらず。たとえば玄武の方角は北なので、もし四神をモチーフにしているならそれぞれの方角から出て来てたのかもしれない。ど、どなたか覚えておられる方がいたら教えて下さい……!

この衣装と四神の連想(あくまで連想しただけでほんとのところは神(増田さん)のみぞ知る…)についてはからふるさん(id:colorkul2891)も書かれていましたので詳しくはこちらで。からふるさんの記事を拝見して、そうだよNEWSって元々東西南北じゃん……と震えた。

colorful2891.hatenablog.com

 

その神様たちが、ゆっくりセンステに歩みより集合する。

そしてアカペラのハーモニーからQUARTETTOが始まる。そのハーモニーの美しさと気高さに一瞬息を飲んだ。喉がつまったままぎこちなくペンラを振っていたら、サビ前、アルバムを聞いた時からずっとずっと生で聞きたいと願っていたシゲちゃんの「燃え尽きるまでー!」が響いた。瞬間、テンションが振りきれて「ッキャーーーー!!」という声が出た。最高。最高のOPだ!

We can flyでジャンプすると重そうに重なった布がヒラッとなって惚れ惚れする。生まれ変わったらNEWSコンの衣装の布になりたい。布カースト最上位だろうけど。

 

2.ANTHEM

もーてごちゃんの気合いの入った「ブrrrラッボボボボゥゥゥゥウィーゴゥ!!!」が素晴らしすぎた!

 

3.チャンカパーナ

布の多い衣装でチャンカパーナ踊ってるのが本当に本当に好き(例:10周年の赤い衣装)なので幸せの極み。増田さんの「約束するよ、チャンカパーナ」の声が柔らかくて優しくて大好きなやつだった……

 

4.希望~yell~

フレーフレーを一緒に歌うよう促されて全力でフレーフレー。ペンラの動きが揃っててめちゃくちゃ綺麗だった。途中からJr.が明らかにチュムチュム的な衣装で出てくるので、あ、次はインドですねOKOKと心構えができた。笑

 

5.チュムチュム

蛍光黄色の衣装にチェンジ。最初「ま、増田さんこれは攻めすぎでは……」と思ったけどドームで見たら可愛いじゃんってなった。そもそもロングスカートっぽい衣装が好きなんだわ私。

チュムチュムはテレビ含め今まで見たパフォーマンスの中でもWhiteでの初披露時のものが一番好きで、バックにJr.が大勢ついてるゴージャス感と、全員が「トンチキ曲をかっこいい方向に魅せる」ことを意識した表情だったのが凄く気に入っていたのだけど、今年は一転、みんな笑顔全開で楽しそうで可愛くて……! 特に冒頭の慶ちゃんの「チュム」ね……。去年はさ、「チュムァ!」ってちぎって投げるような言い方だったのにさ、今年思いきりかわいこぶっててさ……「ちゅむぅ♥(^з^)-☆」ってさ……あざとい……くやしい……くやしいけど感じちゃう……ビクンビクン…かっこいいバージョンも可愛いのもどっちも好きです……

 

6.KAGUYA

正直札幌で見たときは「あの黄色の衣装でKAGUYAやったのは不満」って終演後言ってしまったんだけど、ドームで改めて見たら悪くなかった。むしろ赤い照明の中でぼんやり光る黄色が印象的で、サイバー昔話という感じでかっこいい。ロング丈なことで着物っぽさも出ていて幻想的でした。モニター映像が綺麗だと聞いたので見たかったんだけど、どうしても本人達を目で追ってしまってチラチラ見るしかできず。お金払うんで売ってください……

 

7. 太陽のナミダ

めっちゃ好きだから見られて嬉しかった!! サビの部分の振り付けをぼんやりとしか覚えてなかったのだけど、なんとかなってよかった。

 

8. Happy Birthday

ドーム初日はフォロワーさんのお誕生日だったので、きっと嬉しいだろうな~と会場のどこかにいる彼女に思いをはせていました。好きなアーティストに誕生日曲があるの嬉しいよね! Wow とYeahやるのめっちゃ楽しい!

 

9. チェリッシュ

ドーム初日はテゴマス、オーラスはコヤシゲのトロッコ側。初日は見きれ席だったものの目線ドンピシャの位置にトロッコが来てくれる席だった上、トロッコの速度が妙に遅かったのでずーーーっと目の前であらゆる動きをする増田さんを見ていた。すごいの、ずっと動いてるの。こんなにファンサってバリエーションあるの? ってくらい、体全体使ってくるくる表情かえて。本当に圧倒されてボーッと眺めてたら私の真正面に来た所で両手の投げチュー……! 「ひぇぇ!?」って言いながら膝から崩れたよ……増田さんこわい……SUKI……

オーラスの日は慶ちゃんの躍りをずっと見てた。「見つめるたーびにー恋♪」の後ね!!手首をくるくるってするのがめちゃくちゃ可愛かったの!! 私そんなに細かい振り付け知らないので後日ゆーのぶーちゅー(※慶ちゃんがよく言う。大手動画サイト)で8人時代の確認したら元からそういう振りでした。でも動画で見るのの100倍可愛かった!! というかトロッコに乗ってる慶ちゃんずっとキャピキャピルンルンしてて直視できない可愛さだった……女子ドルみが凄いよ慶ちゃん……

あとはねー、みんなで歌って! って言われたから歌ったら、てごちゃんが「みんなじょうず♥」って言ってくれたのほんとーーーに嬉しくて幸せに包まれた。これいつも言ってくれるんだけど、てごちゃんの「じょうず♥」が好きで好きでてごちゃんのこと大好きな気持ちが爆発しそうになる。

 

10. 加藤ソロ  星の王子さま

札幌で初めて見た時、ドーム両日、全部の回で泣いた。ペンラ振るのも忘れて棒立ち曲その①。

特に札幌では所見だったのもあって、静かに立ち尽くしながらポロポロ泣いて、曲が終った時「なんで私シゲ担じゃないんだろう……シゲ担になりたい……」って泣きながら呻いたのを覚えている。私は考察とかできないし、あの演出が特に自分好みというわけじゃない。でも私の大好きなあの声で歌い、ゆらゆらと空を漂うように踊るシゲちゃんを見ていたら愛しくて愛しくて抱きしめたくて、抱きしめてシゲは凄いよって何度も言いたいような感情で胸がぎゅっとなった。シゲちゃんがシゲちゃんの表現したいことを惜しみ無く放出できる世の中であって欲しい。私はその世界とシゲちゃんを抱きしめたい。札幌初日は会場がわりと戸惑っていてクスクス笑う人もいて、今笑ったやつ全員風邪引け!明日引け!って呪ったんだけど、拍手もおきていたから安心した。

 

11.増田ソロ  LIS'N

シゲソロの涙も乾かぬまま、ドチャクソ私好みのストリート系の格好した増田さん登場。棒立ち曲その②。

レーザーが~~~~!! 増田さんのダンスとレーザー~~!! 10ksで中丸ソロ見て「ああ増田さんの親友だわ」って思ったけど増田さん見てたら「ああ中丸さんと親友だわ」って思った……!  あまりにかっこよかったのでかっこよかった以外の語彙が死んでる。本当に今年の増田さんひときわ神々しい。年々神に近づいてる気がする。

同行した増田担が「増田さんの中のKAT-TUNが暴れてる」って言ってたの笑った。

 

12.Touch

ちょっとまってさっきまでの増田神どこいった!? これ同じ人???

つい数十秒前まで鬼イケダンスで世界を支配してた増田さまが一瞬で「まっす~」になったよ? こわい。

今年もNEWSちゃんの十八番、ドームの無駄遣いがでました~~~~。あの広大な東京ドームで数畳しか使わないで固まる4人~~~~ 風呂無し4畳半のアパートの方がまだ広いんじゃないかしら~~~~好きです!!

あの「wo o o o o o 」の所、4人並んで肩つかんで脚を投げ出す?振り付けが、初出の時よりちょっと揃ってました。とはいえ脚の長さも違うしリズムの取り方も微妙にずれてるのでわちゃわちゃしてるのは変わらない。最初披露されたとき「いくらなんでももう少しダンス揃えて欲しい」って意見もたくさん目にしたけど、これはむしろ揃わないでバタバタしてるほうが魅力的なんじゃないかなって個人的には思う。この踊りの部分はなぜかてごちゃんばっかり見ちゃう。一番リズム感いいはずなのに、なんか一番足元ドタバタしてるんだよね……すっごい可愛いの……

あとこの曲からチェンジしたデニムの衣装が!! ものっっっっすごく可愛い!!

メンバーによってロング丈だったり、パンツのダメージの入りかたも違っていたり、相変わらずまっすーの考える「メンバーが一番映えるデザイン」の的確さに感服。まっすーって本当に強火NEWS担だよね……。んで慶ちゃんのジャケットにだけファー付けてるの本当に本当に天才すぎて震える……まっすーありがとう……

 

13.NEWSKOOL

このツアーの動員27万余りが全員思ったであろうこと言っていい????

これがDVD特典でマルチアングルにならなかったら嘘でしょ!!??

目が!!!足りないよ!!!!どうなってんだ!!!!!

花道に広がって各々踊っているので、全体を見るのが非常に難しい。そのためほとんどの人は自担しか見ていなかったらしいのだけど、私は遠くの自担より一番近くの人を見るタイプなので、ほぼ増田さんの記憶しかない。特に札幌の時は自分の延長線上が増田さんだったので、ずっと増田さんを見てた。めっちゃファンのこと見ながら踊っていた。

私とにかくこれがアルバムで一番好きな曲で、というのも、この曲の小山慶一郎の声を聞くと本当に腰が抜けそうになるんですよ。Twitterとかでも何度も何度も「慶ちゃんにキーの低い曲を歌わせてくれ」って繰り返してる妖怪なんだけど、もう本当にこの曲のキーとリズムと言葉の詰め込み方、小山慶一郎のためにあるんじゃないかと思うくらい合ってる。慶ちゃんはキャスターを初めてから訓練してハキハキ喋れるようになったけど、元々は歯並びのせいか少し舌足らずで甘えたような話し方をする人だった。過去映像の慶ちゃんは、チャラ男特有の、舌先だけで発声して語尾が伸びるパリピ的な喋り方だった。音源のダルそうに、語尾を雑にぼかした歌い方はちょっと昔に戻ったようで、まあ一言で表すなら私の性癖を直撃しました。

で、ついにライブで聞けたこの曲。ライブ仕様なんで音源のようにダルそうではなく、煽りぎみに歌ってるんだけどそれもまた、いとをかし。「次のレッベールへ飛びだっせー」が聞けただけで満足です嘘ですマルチアングル収録してくださいお願いします!!!!(土下座)

 

14.Weeeek

NEWSKOOLでNEWS!\KOOL!/ NEWS!\KOOL!/ってやったボルテージのままWeeeek! しかしながら席が狭いのでジャンプはできず、おばあちゃんの体操みたいに膝だけカクカク屈伸しながらペンラ振っていた。

 

15. departure

私ほんとにネタバレを全く見てなかったので、札幌にはなかったはずの掛け声? 的なものがドーム初日で急に出て、な、なんだこれ知らないぞ!? とプチパニック。しかも前述の通りモニターが全く見えない見きれ席だったので、なんで皆がそんなに声を合わせられるのかがわからない……。

オーラス、モニターを見てようやく状況を把握。あーそういえば誰かが、アリーナ途中からニコ動風の演出が増えたって言ってた気がする……!

というわけで最終日だけタイガー!ファイヤー!サイバー!ファイバー!ダイバー!バイバー!ジャージャー!を全力でやれました。コンサートのコンセプトとか雰囲気の統一、という点では賛否両論だと思うけど、私は盛り上がる系の曲はとことん盛り上がればそれでいいと思っているので本当に楽しかった!!  女子ドルのこと全然わからないのだけどああいうのをMIXを打つ?って言うんです?

ゆるいモノノフではあるので、ジャニーズのコンサートでああいう事ができたの純粋に面白かったー

 

16.愛言葉

きたぞーーーハイパー甘やかされタイムだーーー

ひっどい(褒めてる)MのCが終わって、センステに表れた巨大オルゴールへ。オルゴールの「愛言葉」の音色に合わせて、皆で歌ってと促される。

札幌初日はリアルにグッズのオルゴールの音に合わせたため、スピードが速くてぐずぐずになったんだけど、それをカバーするようにNEWSが歌いはじめて。次の日からすぐ修正が入ったらしいんだけど、私は初日のあの戸惑いながら歌った愛言葉もとっても幸せだった。

ドームは初日、現キーのまま歌い出した私たちにてごちゃんが「低くて歌いにくかったら1オクターブあげていいよ!」って言ってくれたんだけど、歌い始めちゃったもんだから今更直せなくてそのままでいたら、てごちゃんが綺麗な声で1オクターブ高く歌ってくれて! それに合わせて皆も高くして。そうやって気を配って優しく促してくれるのが、てごちゃんの大好きなところ。私の一番大好きな手越祐也だった。

後奏を利用してペンラでのデートタイム。これについては後述します。

 

17.Theme of "QUARTETTO"

またオルゴールに集まった4人。てごちゃんがターンテーブルのようにオルゴールを回すと音が割れ、Theme of "QUARTETTO"のダンスへ!

踊るとしたらOPかなと思っていたので、このタイミングでダンスが見られて感激! 
丸いセンターステージ最高。

 

18.四銃士

アゲアゲナンバーからのラブラブ甘々モードが、Theme of"QUARTETTO"を挟んだ事でリセットされ、再びキリっとした4人がメインステージに戻りそして消えていく。Jr.のダンスが始まり、くるぞ……これは四銃士くるぞ……と固唾を呑んで見守る。

 

開演を示すブザー音。ゆっくりと緞帳があが…………

ーーーーーーーーーー!!!????

 

現れたオーケストラに悲鳴。モニターが見えなかったので一瞬遅れるが、やがて本物の西本さんだとわかる。なんてことだ!!!

いやね、正直ね、オケはもしかしたら入るかなってちょっと期待していた。だけど!まさか!本物のイルミナートと西本さんが来てくれるなんて!!!!! ぶっちゃけずっと西本さん見ながら泣いてた!!!!!

とにかくもう西本さんが美しくてかっこよくて気高くて! そしてあんなに音響の悪いドームで、オケの音に負けず歌うNEWSがべらぼうにかっこいい! 四銃士の衣装大好き!

ところで階段から下りてくるジャニーズってこの世の宝だよね(突然の悟り)

 

19.星をめざして

ひ、ひえーーーー四銃士だけじゃなくてこれも演奏してくれるの!? なんという贅沢……! イルミナートの演奏が2曲聴けてNEWSとデートできて7800円なの!? 安すぎない!!??

四銃士の後がこの曲だったことに納得しかないセトリ。オケでやるならこの曲だわ。本当に素晴らしかった。オケの音、歌声、同じ方向に動くペンラの光。

 

 20.小山ソロ 愛のエレジー

えー……

何から話せばいいのかな……もう……好きすぎて……。

札幌初日、もの凄く近くであの慶ちゃんを見てしまって、涙止まんないし、ペンラなんて振れないし(棒立ち曲その③)、ただ打ちのめされた。大好きな人はいっぱいいるけど、なにがどうなろうとこの先慶ちゃんより好きになれるアイドルなんていないとわかった。わかってしまった。私の本能が慶ちゃんをどうしようもなく好きなんだって気づかされた。

私さ、リーダー会と夜会落ちの小山担なんだよ。

リーダー会で、どんどんはだけていく浴衣姿で落ちてるんだよ。

ただ歩いているだけで腹筋あたりまではだけている着物姿。しかも私の一番好きな赤い衣装に似た着物。Jr.を従えて歩く姿、提灯、スタンドマイク、ささやき声。

オーラスの日もひたすらタオル握り締めて号泣していた。オケのサプライズ登場の熱気に包まれていた会場を、一瞬で引き込んだリーダー。

この人が私をジャニーズの世界に導いてくれた、世界一大好きな担当です。

 

21.手越ソロ Encore

棒立ち曲その④

結局私ソロは全員ペンラ振れないまま立ちつくしてたわw

今年はピアノすら捨て、からだ1つで勝負してきたてごちゃん。そんじょそこらの人があんな風に感情こめて歌ったら、くどくわざとらしくなるけれど、圧倒的な説得力を持った歌声にぐうの音もでない。てごちゃんの歌は生で聞くとCDの100倍うまいっていつも思うんだけど、今回もアカペラになった時の響き聞いてうわ……ってなった。あの小さなからだのどこにあのパワーがあるんだろうか。

あ、最後また指輪芸してる~って思いましたw

 

22. I・ZA・NA・I・ZU・KI

や、やったーーーー大好きな曲!

ってかそうか、DVD見すぎてるからわからなかったけど生で見るの私初めてだったんだ!?

ひとりひとり出てきて歌うんだけど、歌いだしが増田さんで、センステでひとりス

ポットに照らされて少し上を見上げている姿が心底神々しかった……

一見白いロングコートなのに照明が落ちると模様が浮かび上がる!かっこいい!

ああこの曲キーが低いから慶ちゃんの声が素敵だなぁ……などと思いながら、まだ
か……まだか……とシゲを待つ……。

あっシゲ出てきた!けど衣装が光るターンだから顔が見えない……と、思っていた
ら!

「くっちずけを~~」でバッと明るくなって、髪の毛アップにしてイメチェンしたシゲの顔がアップに!!!

ギャアアアアアって言ったよ、言うよそりゃ! なんなの、シゲちゃんなんなの! 完全にシゲちゃんの歌じゃん!!!

サビのところからは暗転→明転を繰り返し、パカパカと交互に光る衣装と白い衣装が現れる。暗くて顔がわからないという意見も見たけど、一種のショーのようで凄くかっこよかった。

 

23. Wonder

炎! 花火! 色の付いた炎!

札幌初日終わったあと「Wonder凄い凄い! KAT-TUNみたい!」って興奮してたら同行者に「梓さん火みると全部KAT-TUNて言いますよね」って言われた。ごめんw

ドームのWonderは更に更に豪華! イエー!特効でた~! 炎でた~! なんかネズミ花火みたいなのも出てる~!「 WonderWonderWonder」の所の腕ぐるぐる回す振り付けと、ぐるぐる回る花火が重なってかっこいい~! ギャー!また特効出た~! ま、また出した~!! ちょっと待って1曲で3発も特効出したぞ凄いな!!?

同行者がまた「増田さんの中のKAT-TUNが暴れてる」言うてた。レーザーとか特効とか見るとすぐKAT-TUNて言うの反省しようお互い。

 

24.シリウス

ん……? なんだこれ……と思ったらセグウェイだった!!

初日はビックリしたけどドームで見たらめちゃくちゃかっこよかった。これも後述します。

この曲レーザーと照明がほんとーに凄くて(というか今回ドチャクソ照明が素晴らしかった)、同行者が「ねえ!これプリズムショーじゃない!?」って言い出して「それだ!!!」ってなった。セグウェイでツルツル動いてるからスケートに見えなくもないし、色とりどりのレーザーと照明が華やかで眩しくて、ずっと「プリズムの煌めき……!」ってはしゃいでた。いやほんと!プリズムショーだったから!

 

25. NEWSニッポン

全然記憶にねえ!と思っていろんな人のレポ見たら、セグウェイの個人技披露曲だった(笑)

 

26. ライフ

この曲ドームでしかやってないってほんと!? オーラス終わって皆様のブログ読んではじめて「なかったっけ!?」ってなったし今でも信じられない。ないの!?なんで!?

あの、わたし、椎名林檎をこじらせたクソみたいにビッチな大学生活送っていたので、亀田誠治絡んでるとか言われるとほんと死にたくなるんですよでもライフはいい曲です生きる!

 

27. サヤエンドウ

だーいすき。トロッコで来てくれた。

「シゲ!!」コールがめっちゃ大きかった!

(札幌のとき、NEWS担じゃない同行者は「タイミングわからなくて言えなかった……って言ってた。もっと教えとけばよかった!)

 

28. 恋のABO

だーーーーーい好き!!!!これ嫌いな小山担いる!? 

どんだけ今後マイナーな曲をコンサートでやることになっても絶対これだけは残して欲しいってくらいすき!

 

29.TEPPEN

慶ちゃんがトロッコの上で踊るの好きすぎて目が離せなかった……。あのね、慶ちゃんがね、ひらひらひらひらって手のひらを動かすのが好きなんだ。

 

30. NYARO

 慶ちゃんと

増田さんが

手を

つないで

いたよ 

ね?

それで

花道を

きたよ

ね?

まぼろし???

 

31. ヒカリノシズク

この曲はシゲちゃんの曲だと思っている。いや、もっと正確に言えばシゲちゃんが先頭に立って、メンバーの方を見て両手を広げている曲だと思っている。

そしたらたまたま札幌では目の前がシゲちゃんのリフター で。ずっとずっとシゲちゃんだけを見ていた。そしたらアホほど泣いた。

ドームで見たこの曲は、照明が最高だった。最高オブザイヤーだった。

その照明を見にまとった4人がね、謙虚さと自信にみちあふれていた。

 

 

32.ONE-for the win

あーーーーー好き!!!!

アンコールに入る前の演出が大好き!

リズムゲー、からの、カウントダウン。しかもこのカウントダウン、4からはじまらなかった!? カルテットだから!?(気のせい?) 4,3,2,1, one!!!!

ひたすら世界の国の名前言ってるだけなのに異常にかっこいいタカヒサマスダ。

 

33. さくらガール

今回のコンサートの素晴らしかったポイントにトロッコ(フロート?)があるのだけど、ムビステのちっちゃい版?みたいなのがゆーっくりゆーっくり動いてるの。上下するし、さくらの散る動画も映すし、本当に優秀。

 

 34. 恋祭り

大好き!!!!! 定番になってほんとうれしい!!!!!

てごちゃんにパワー送るの凄い幸せだった!

 

 

Wアンコ

35. weeeek

ぶっちゃけ、Wアンコール無いわけない、と思ってた。初日から。

アナウンスは女性(※男性のアナウンスが入るまでは粘れるという都市伝説を見たことがある)だし、生声の「ありがとうございました」だってやってない。だからNEWS、NEWSと必死で呼んだけど規制退場がはじまってしまった。

でも、オーラス。会場の声は止まなかった。規制退場を促すアナウンスがかかるといっそう大きくなる声。

 

それで彼らは出て来てくれた。

 

「帰りたくないのー?」

「ーーーーーー(歓声)」

「帰っていいなら帰っちゃうよ?」

「やだーーーーーー!!!!!」

 

私、30年以上生きてるけど、こんなふうに彼氏にダダこねたことなんてない。

だってわがまま言って嫌われるのがこわいから。

でもNEWSには言える。だって、いつだってなんだってNEWSは許して愛してくれるのをわかってるから。

 

多分、本当に予定がなかったんだなとわかって驚いた。さっき言った通り、あるものだと思い込んでたから。つまりそれだけ、彼らの中ではアンコールまでで完璧に綺麗に終わる算段で、それ以上は蛇足だったのだろう。いつもやる「ありがとうございました」生声すらも。

それでも彼らは出て来てくれた。そこに、彼らの一番のウイークポイントであり強みである性質が現れている気がした。

 

 

 

【総括】

以前NEWS担では無いジャニオタ友人に「NEWSのコンサートって基本的にアリーナの構造をしていて、ドームはそれを広げただけのように見える」と言われたことがある。

私はド新規なので「そうなんだー、私にはよくわからないなー」とだけ思っていたのだけど、KAT-TUNコンに入って「あ、なるほどこれはドームのための公演だな」と理解できた。派手な特効の有無ということではなくて、照明や演出のスケールというか、世界観がドームの広さで表現されることでより魅力的になっていたのを感じたから。

私はNEWSのライブが過去のどれを見ても大好きだけど、天井席こそ神席と呼ばれるKAT-TUNや、ドームで素晴らしいエンターテイメントを見せる嵐のことを知り、友人にそう言われたことを思い出して少し悔しくなった。他のグループがうらやましいのではなくて「NEWSだってもっとでっかくなるグループなんだぞ」って自信があったから、見てろよって気持ちになったのだ。

 

Whiteは素晴らしいライブだった。他G担からも大変評判がよかった。統一されたコンセプトの構成、ダンスの振り付けさえも自然に繋がっていく美しいセットリスト。
フィナーレではじけるカラフルできらきらした世界。復活記念でも、アニバーサリーでもないライブで彼らはまた1歩進んだ姿を見せてくれて、Whiteの円盤は最強のNEWS布教DVDになった。

 

 QUARTETTOツアーが始まる少し前にWhiteの円盤が出て、皆で繰り返し鑑賞した。そしてQUARTETTOへの期待を高めるだけ高めて、私は初日の北海道へ飛んだ。

 

冒頭に記したように初めてのアリーナでほぼ目の前の姿しか見ていなかったため、札幌では全体をまるで見ていない。ただひたすら楽しかったし幸せだったけれど、いくつか疑問、というか若干の違和感が残ったのも事実である。

 

・あの黄色い衣装でKAGUYAやるのは不思議な気分

・ペンラの制御に意味があったのかわからなかった(たまに消えてるのは気づいたけどなにしろ全体を見てないのでどのような効果が生まれているか気づけなかった)

・なぜセグウェイ

 

同行者に「隣見たらいつも泣いてたw」って言われたくらいずっと感動してたし、愛言葉を歌いながら世の中にこんな幸せな場所があるだろうか、って思ったくらい楽しかったけれど、このあたりの違和感がモヤモヤと残り、正直「コンサートとしての完成度はWhiteに及ばないのかな……」と思ったりもした。

 

しかし2ヵ月半後、ドームで初めてスタンドからの眺めを見て、全てのモヤモヤが吹っ飛んだ。

黄色い衣装でのKAGUYAは赤い照明やモニターと合わさることでコントラストがはっきりしてより幻想的な風景に。(あれが元々の赤い衣装だったら、ここまでインパクトの残る絵にならなかっただろう)

制御ペンライトは制御というより照明のON/OFFの役割をしていて、そのお陰で
IZANAIZUKIの衣装やシゲソロの演出がひときわ映えた。嵐コンの、座席位置まで読み取って色を変える演出のような派手さはないが、NEWSの白一色のペンライトが演者側の意図のまま点いたり消えたりする様は、十分に感動的だったと思う。

セグウェイもKAGUYA同様、美しい照明やレーザー、スモークとの相乗効果で威力を発揮。地上から浮いているような、夜空に流れ星が通っていくような視覚効果を生んでいた。ローラースケートと違って脚が固定されているのがまた、重心がブレずツルーーーっとなめらかな動きとなり、より銀河を流れる星のような演出になっていた。

 

 どれも初日の私の視野があまりにも狭くて気づけなかっただけで、アリーナ公演でも十分良い演出だったのだろう。その上で、ああNEWSはついに「アリーナをドーム規模に広げる」グループじゃなくて「ドーム規模をアリーナにもっていく」グループになったのだな……と感じて心が震えた。

照明、特効、小道具、最新技術、あらゆるものを駆使してあの広い東京ドームでどう自分たちを魅せるか考えられていたように見えたし、そして実際にあの広さに負けることなく、むしろ広さを味方にして、最高に輝いていた。

勿論、今はまだ発展途上で、同じアイテムでももっと良い使い方魅せ方はあったかもしれない。それでも彼らが確実にまた一歩先を行こうとしていること、その一歩を確実に踏み出していること、もっともっと高い所へ行けるという自信があることがギュンギュン伝わってきたことがただひたすら嬉しい。

 

きっと彼らの目には確かに、東京だけではないドームが見えている。

 

ただ彼らは繰り返し言う。

「会場が広くなっても俺たちの距離は変わらない」と。

 

 

今回、明らかにドームを見据えた演出を組み込んできたにもかかわらず、NEWSのライブ特有の「デート」感は失われず存在していた。

札幌で初めてオルゴール→愛言葉合唱→NEWSが愛言葉を歌うという流れに包まれたときに、世界の愛という愛が全部この会場に降り注いでいるような気分になった。尋常じゃない多幸感。何らかの脳内物質が確実に分泌されていたと思う。

終演後、同行者(NEWS担ではない)にその旨を伝えたら「ごめんなさい全然わからない」と言われたが、アフター飲みで合流したNEWS担の方には「めっっちゃわかる!!私もだった!!」って力強く手を握られた。

 

NEWSがファンに注いでくれる愛。ファンがNEWSに注ぐ愛。その愛の交換があの多幸感を生んでいるのかもしれない。

それは会場が広くなってドームになっても変わらなかった。今年は愛言葉の時にNEWSもペンライトを振っていて、

「君と」で私たちの方にライトを向け、

「僕だけの」彼らに向ける。

「愛言葉」でもう一度その動き。

私たちは見つめ合って、同じ動きを彼らに向けて行う。愛の交換をしているような気がして、胸が熱くなった。

 

その後のペンライト点灯のくだり。

座席情報の登録はないのでウェーブは無理だが、制御機能で単純なON/OFFは中央操作で出来たはず。むしろ今年から取り入れたペンライトを見せたかったら「じゃあ消すね、3,2,1!わー消えたね凄いでしょ!」ってやるのが自然ではないだろうか。それだって充分一体感は生まれる。

でも彼らは私たちに手動での操作を促してきた。

彼らの言う通りに、一斉に消し、彼らの言う通りに、一斉に点ける。

途中からスピードアップするよ!みんなできるよね!って、全く私たちを疑わず信頼してくれている彼ら。そしてその通りに応えることのできる5万5000人。

 

 

どんなにNEWSが大きくなっても、どんなにお金のかかったコンサートをするようになっても、どんなに最新技術を取り入れても。

きっとNEWSはこういうアナログな心と心の交流をやめないんじゃないかな、とふと思った。 

 

もしかしたらそれは、完璧なエンターテインメントを造り出すには邪魔なものかもしれない。あの広いドームではファンの手拍子も声も音ずれしてしまうし、ペンライトも完全に制御した方が完璧に美しいものができるだろう。

それでも彼らは、完璧ではない私たちに寄り添い、完璧ではない私たちの心の手を握ってくれる演出を削らない。そんな気がするのだ。NEWSはとても感情的だ。文系といったら語弊があるかもしれないが、理屈じゃない部分を大事にしてくれる人たちだ。

 私はペンライトの海を見ながら、そういう彼らの「感情的な」部分を大事にする気持ちに包まれて涙ぐんだ。

これからNEWSのコンサートがどう進化していくかわからない。もっと大きく、もっとかっこよくなって、こんな「デート」の暖かさは失われていってしまうのかもしれない。

だけど今回ペンライトを共に点けた気持ち、その演出を選んだ彼らの心がある限り、どんなにNEWSが大きくなってもきっとこの愛に包まれた空間は変わらないと確信した。

 

星を目指したNEWSが、シリウスのようにまぶしく光る存在になっても、彼らはそのヒカリノシズクを私たちに降り注いでまるく包んでくれるのだろう。なんの根拠もないしただの願望かもしれないけれど、私はその未来しか見えない。

 

シゲちゃんソロの最後の言葉。

 

 

【愛するということは互いに見つめ合うことではなく、互いに同じ方向を見つめることである】

 

 

君ならわかるだろう? とシゲちゃんは言った。

わかるよ、と私は答えた。

 

 

愛言葉で見つめ合って歌った私たちは、これからを共に同じ方向を見つめて歩いていく。

NEWSが見ているこの先の世界に、そのまた先の世界に、私たちも一緒に行くよ。

 

それはいつまでも終わらないデートだ。

だからNEWSのコンサートは、いつまでもデートなんだ。