読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐ノ院整体院

浮気どころか不倫だぞと罵られ隊

綾野さんファンのための箱根駅伝入門(予選会編)

【2014.10.18  アメブロ掲載分転載】

 

 

毎日毎日、綾野さんの作品を追いかける日々。過去映像を見るのが忙しくて、ブログを書いている暇が無い。作品鑑賞は順調で、入手しやすい映画は8割方見たし、ドラマではファンの方から評判の高かった「最高の離婚」「クレオパトラな女たち」の視聴が完了。それぞれの作品について書きたいことがいっぱいあるし、先輩ファンの方からご好意で頂いたキネマ旬報の記事についてもうだうだと綴りたい。

駄菓子菓子。だがしかし。明日は箱根駅伝の予選会なのである。
今日は綾野タイムもそこそこに(とはいえ5時間は動画見たけど)明日の箱根予選会に向けて各大学のチェックをしないとならないのである。

ここでふと、綾野さんのファンの方でも、駅伝は全然わからないよ…という方は多いのでは? と思い至った。
そこで、ものすごーくものすごーくざっくりだけれど、そもそも綾野さんがあんだけ喋ってる箱根駅伝って何よ? 明日の「予選会」って何よ? ということだけ記してみようかと思う。
ご存知の方にはなにそれ今更ってことを書くので以下スルーして下さい。

まず「箱根駅伝」というものが、お正月の2日と3日にやっている、というのはほとんどの方がご存じのことと思う。


Q1:誰が出ているの?

大学生でしょ、という皆様、正解です。
ただし、正確に言うと「関東にある大学の大学生」なのである。

けっこう知らない人が多いのかなーという印象なのだが「箱根駅伝」というのは「関東学生陸上競技連盟」が主催しているローカル大会だ。
そんなわけで基本的には、関東の大学しか出場権が無い。(記念大会などで、関東以外の大学の選抜チームが参加することはあった)
もともとは1920年にたった4校で始まった大会であり、戦争での中断など紆余曲折を経ながら関東圏での人気を高めていき年々大会は大きなものになった。そして、1987年に日本テレビが全国ネットで中継を始めたことでこのローカル大会が広く世間に知られるようになった。

ちなみに、テレビ放送開始時は綾野さん5歳。綾野家が放送開始当時から箱根駅伝を見ていたかは定かでないが、数々の発言(好きな選手など)を聞く限り小学生時代にはすでに箱根駅伝を好きだったようだ。箱根駅伝TV中継の歴史とともに物心がついたと言っても過言ではないだろう。

Q2:出場条件は?

出場校は(近年では)20校。そうじゃないときもあるし選抜チームとかもあったけど、細かいことを言うとめんどくさいので省略。

・前述の通り、関東の大学であること
・前年度の箱根駅伝で10位までに入っている大学は自動的に出場(シード権)
・残りの10枠は、予選会を勝ち抜いた10校

さあ、ここで「予選会」が出てきました。これが明日行われるものなわけです。

Q3:予選会って何?どうやって順位が決まるの?

予選会は、前年度10位までに入れなかったチーム(もちろん、出場もできなかったチームも含む)で戦う。各校10人(~12人)、全チームが一斉にスタートし、20km走る。
各校の各選手が20km走り、各校の10人のタイムを合計して上から順番に出場校が決定する。

つまり、例えばA大学は走者10人中「1位の人は1時間で走ったけど10位の人は2時間かかった」B大学は「1位は1時間5分だったけど10位の人も1時間10分で走れた」という状況ならB大学の方が順位が上になるわけである。
まあ、細かいルールは他にもあるけれどとにかく「チーム内全員が全力で走って、その全員のタイムが少しでも早いチームが勝ち」ということだけ把握していれば問題ない。

だから全員死ぬ気で走る。10人の総合タイムで10位以内に入れるように。過去には、たった数秒差で予選会を勝ち抜けなかったこともたくさんある。通過チームと落選チームの差がたった1秒だったこともある。1人がほんの0.11秒縮めていれば、本戦にいけたのに。だから選手たちは、それぞれが、1秒でも早くゴールへたどり着くために全身全霊で走るのだ。

この予選会を勝ち抜くために、予選会に参加する大学の選手たちは、この時期に体の調整を合わせて、かつ20キロ走らなくてはいけない。綾野さんがラジオで言っていたように「体のまだできあがっていない若人たち」には、おおきな負担のかかる出来事なのだ。その負荷がかかった体で予選会を勝ち抜いたら、わずか2月半後の箱根駅伝本番に向けて再度調整しなければならない。だから、箱根駅伝に出場できたら、とにかく10位以内に入って来年のシード権を取ることが重要になってくるのである。過酷な予選会にでなくてもいいように。

そんな思いをしてまでなぜそこまで箱根駅伝に出たいと思うのか。
それはまた、本戦が近くなったときに、機会があれば。

とにかく、駅伝にそんなに興味の無い綾野クラスタの方々に、明日は箱根駅伝の出場権をかけた大会があるよということ、そのために若人たちがとても情熱を傾けているよということだけ伝われば幸いです。

ますます何のブログかわからなくなってきたなーw